Output Box

inboxはインプットをいれる箱。Output Boxはアウトプットをいれる箱。

名瀬ツクル氏(23)が手掛ける個人メディア「Output Box」始動

f:id:why_creative:20170312172248j:plain

はじめまして名瀬ツクル@why_creativeと申します。読み方は"なぜつくる"(Naze Tukuru)です。本日から当ブログ「Output Box」を始めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

以下、自問自答インタビュー形式で、あなたの疑問に勝手に答えていきます。

 

2017年3月からWEBを中心とした活動を始めた名瀬ツクル氏(23)が、新たに個人メディア「Output Box」を立ち上げるという。そもそも名瀬ツクル氏とは何者なのか?Output Boxというサイト名に込められた意味とは?名瀬ツクル本人が、名瀬ツクル氏に聞いた。

 

 

ーー失礼ですが、名瀬ツクルさんはどういった方なのでしょうか?

いえいえ、ご存じないのも無理もありません。今朝つくったんです。今回はTwitterなどのソーシャルメディアも活用していこうと思っていたので、まずはTwitterアカウントの開設からとりかかりました。その時に思いついた名前が「名瀬ツクル」です。どういった方というのは無く、これからそのイメージができていくんじゃないかと考えています。

 

[名瀬氏がはじめて行ったツイート]

 

そもそも、今までネットを通して統一されたハンドルネーム・ペンネームといいますか、ひとりの人格のある個人として活動はしてこなかったんです。オンラインゲーム、いわゆるネトゲを以前よくプレイしていたのですが、その時に使っていた名前もバラバラでキャラクターも複数いました。なのでこの機に、しっかりと腰を据えて名前をつけてブランディングしていこうと思ったんです。

 

過去にブランディングや今後も活動することを意識して名前を付けたことはなかったので、正直まる二日くらい悩みました。今回学んだ名前を付けるまでの過程や方法も今後書いていきたいと思います。

 

――ブログ名「Output Box」にはどのような意味が込められているのでしょうか?

Output Boxは造語です。つい先ほど思いつきました。よくEvernoteなどのメモアプリを使っていると「InBox」というものがあります。これはとりあえず入れておきたいものを一時的にいれておく箱のようなものです。私の場合、ネットサーフィンをしていて「これは参考になるな」という記事をクリップしたり、電車の通勤途中や散歩中に思いついたアイデアのメモをいれたりします。多くの情報をかき集めたあとに、InBoxの中身をグルーピングしたり、違うテーマの箱に入れ替えたりします。

 

つまり私の中では「InBox」というと日々自分がインプットしたことや、インプットした上で考えたこと・思いついたことをいれる箱というイメージがあります。2年ほど前からInBoxになんでも情報を詰め込むようになりましたが、最近ふと思ってしまったのです。「インプットしかしてないんじゃないか?」と。

 

私はTwitterなどを積極的に使って情報発信していませんでしたし、ブログを開設した経験はありますが、長く続けることができませんでした。こうなってくると、なかなかアウトプットを残しておくところが無いんです。これはまた別の機会に話させていただきたいのですが、インプットだけしていても成長を感じられないんです。

 

しかし、アウトプットは誰かに見てもらうことで、どんどん情報の精度を高めて価値ある情報になっていきます。そういうことが実践できる場をそろそろ持ったほうがよいと思ったんです。また、今の時代では個人で運営するメディアを持つことが重要視されてきていますよね、個人でも情報を発信する力があれば、今後の活動の柱となるかもしれない。とも思いました。

 

話をまとめると、インプットはあくまで価値はあるけれど、断片的な"点"の情報。アウトプットは何かのテーマに対して解決を促す価値の高い"線"あるいは"面"の情報と定義したうえで、本ブログの名前を「Output Box」つまり、私のアウトプットをいれておく箱としました。パッとした思いつきのわりに話が長くなってしまいすみません(笑)

 

ーー「Output Box」では今後どのような情報を発信していくのでしょうか?

さきほども軽くお話しましたが、自分が活動していく中で得たものをアウトプットとして掲載していこうと考えています。具体的には、今現在、会社の同期のエンジニアと、あるWebサービスを立ち上げようとしているんですが、その裏話であったり、どういう風にサービスを立ち上げていくのか等をノウハウとして提供していこうと思っています。また、かなり大きな話になってしまうのですが、自分が30歳になった頃に、クールカルチャーを盛り上げる企業あるいはサービスを立ち上げようとしています。そこまでの計画を今細かく練っています。1つ1つが多くの人に役立つ情報かなと思っていますので、各テーマごとに発信していけたらと思っています。

 

 

最後に

今回は自問自答形式で、当ブログや私についてお話させていただきました。お付き合いくださり、ありがとうございます。ふざけているように見えるかもしれませんが、この記事の内容自体に嘘は含まれていませんので、ぜひ今後、足を運んでいただければと思います。それではみなさん、あでぃおすぐらっしゃー!

 

 

Eye catch photo by ぱくたそ/Kazuki HIRO:カズキヒロ|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ